スープ部門 銀賞

翡翠双瓜湯

冬瓜と錦糸瓜の枝豆すり流しスープ

完成イメージ

野菜の麺包みを二種類の赤パプリカスープと澄上湯スープで味わってもらう。見た目にも変化があり楽しめるスープに仕上げた。別皿の海味宝で味にスパイスを加えた。

使用エバラ商品

【選択スープ】

2つ合わせる事で、鶏の旨み肉の旨みを引出す為。

【選択ソース】

2つの肉の旨みスープに扇味醤でさらにコクを入れる為。

材料 【4人分】

冬瓜茸 120g
冬瓜粒 120g
冬瓜大粒 100g
枝豆ペースト 120g
枝豆 60g
朽子の実 1g
錦糸瓜 60g
干貝粉 0.4g
エバラ 肉塊湯 150g
エバラ 鶏塊湯 150g
エバラ 扇味醤 9g

作り方

1. 肉塊湯150g、鶏塊湯150g、扇味醤9g、水450gを合わせ沸かす。
2. 冬瓜は粒切りと大粒切りする。冬瓜茸は適当な大きさに切り、塩少々入れそれぞれボイルする。
3. 枝豆も塩茹でし包丁で粗めに切る。
4. 朽子の実は水に浸け戻しお湯に漬ける。
5. 錦糸瓜もほくれるまで茹で、流水にザルで受けながらほぐし水切りする。
6. スープ150gに紹興酒、塩、胡椒加え、錦糸瓜を入れて味を入れるように炒め煮し、水溶き片栗粉で留めてから鶏油少々加え器の中央に盛る。
7. 鍋に残りのスープを入れて紹興酒(少々)、塩(1g強)、砂糖(1g)、干貝粉加え、枝豆ペーストを入れダマにならぬようスープに溶かす。
8. 冬瓜の茸、粒、大粒と枝豆を加えて味を整える、水溶き片栗粉適量でまとめて鶏油を入れ仕上げ、器にに注ぐ。
9. 錦糸瓜の上に朽子の実を飾る。