メディア掲載

2018/02/05

外食レストラン新聞2月号「肉ブーム対応を先取りする新商品4品に注目」

近年、人口減少による食品産業の内需縮小が叫ばれてきたが、実際は「人手不足」や「調理技術の継承」が喫緊課題となっており、時短・簡単オペレーションのニーズが高まっている。一方で、高付加価値メニューで差別化を図り、顧客満足度を向上させることも重要なポイント。そこでエバラ食品工業は、外食業界が抱える課題に一気に解決する即戦力調味料を2月9日に新発売する。


2017/08/07

外食レストラン新聞8月号【年末商戦の即戦力はコレに決まり!】

1年も半ばを過ぎ、年末商戦に向けたメニュー戦略が本格化している。絶好調の肉料理、陶器定番の鍋料理、宴会の締め料理、いずれも出尽くした感があり、今年のトレンドはどうなるか? そんな厨房の悩みに応えるこがエバラの真骨頂。今年は「肉料理=炭火焼き」「鍋=ちゃんこ」「締め料理=山椒辛味噌ラーメン」の3商品を新提案する。


2017/03/06

外食レストラン新聞3月号【「肉+冷し麺」ブーム到来の予感!】

ピリ辛つゆを使った冷しそばが人気急上昇中
肉&そばの組み合わせというと、温かい肉そばのイメージが強いが、今回提案するのは、エバラの「冷たい肉そばのつゆ」を使った「肉+そば」。


2016/08/01

外食レストラン新聞8月号【インパクト強烈な3D盛り付け タワー肉なべを新提案!】

トマト鍋や火鍋、コラーゲン鍋など、バラエティー豊かなコンセプトで年末商戦を盛り上げてきた鍋料理。しかし最近は創作熱も沈静化し、寄せ鍋、水炊き、キムチ鍋といった定番鍋に回帰する傾向にある。
そんな潮流を踏まえて、エバラ食品は、定番鍋とも異なる、新しい鍋料理のカタチを新提案!


2016/02/17

外食レストラン新聞2月号「シズル感と立体感を劇的に演出」

食べる3Dソース
料理は見た目のインパクトが肝心。とりわけ「シズル感」と「立体感」は食欲と好奇心を刺激する重要なポイント。エバラ食品工業は、そんな刺激を手軽に演出する即戦力として「ステーキソース シャリアピン」と「おろしのたれ レモン醤油味」を新発売した。