メディア掲載

2013/03/08

外食レストラン新聞3月号 【繁盛レシピ研究所】

中国料理といえば、油を多く使用した料理や熱々の麺類が連想される。よって、誰もがさっぱりしたものが食べたくなる夏場は、売上を維持するのが厳しい時期だ。「昌龍飯店」の「冷しタンメン」はそんな苦境を脱出すべく開発した。「ありそうでなかった」画期的なメニューである。ポスト冷し中華として必見だ。


2013/03/01

圓卓 3・4月号 【エバラ<焼肉のたれ醤油味>活用術】

日中協はじめ全国規模のコンクールでたびたびグランプリを獲得してきた経緯がある「爆香房(ばっかぼう)」総支配人兼料理長服部暁彦シェフの「エバラ焼肉のたれ醤油味1600g」を使った、レシピ3品『荏原醤三栟盆』『貴妃鶏』『紅油水餃子』のご紹介!


2013/03/01

ラーメン新聞6号 【らあめん HAJIME 鶏白湯ラーメン】

地鶏塩スープで有名な【らあめんHAJIME】の「鶏白湯らあめん」は新・鶏白湯ブームの火付け役と評され「東京ラーメン」新人部門1位3冠(塩総合・塩・鶏白湯)を獲得。そんな人気メニューをエバラの「チキンがらスープ鶏白湯」1kgを使った模擬レシピを紹介いたします。


2013/01/23

まかない食からランチ定食の一番人気メニューをエバラで再現!

神奈川県相模原市にある中国料理 「璃宮」の「麻辣担々炒め定食」はサンプルで入手した「麻辣麺スープ」と「担々焼きそばのたれ」をブレンドしたまかない食からうまれた一番人気定食。その「麻辣担々炒め定食」をエバラ「麻辣麺スープ」と「担々焼きそばのたれ」を使って再現いたしました。


2012/11/28

月刊食堂12月号:生姜料理専門家が提案する「生姜焼のたれ」の可能性

「厨房応援団 生姜焼のたれ」は、従来品に比べ、生姜の風味をより一層際立たせた味わいが特徴。生姜料理の専門家に応用メニューを提案いただいた。